吉田がお伝えする今日の校舎

2018年12月03日

定休日の開校について

こんばんは。吉田桂介です。

 

実は休校日も開校している日があります。

直接伝えたりもしますが、今後は基本的に

①ホームページのお知らせ

②フェイスブック「https://www.facebook.com/eishin.akabane/?ref=br_rs」もしくは「栄進数理進学会」で検索

③ツイッター「https://twitter.com/eishin_suuri」もしくは「栄進数理進学会」で検索

 

にてお伝えしていくので、来たい方は是非どうぞ。

☆友達申請、フォローも待ってます!!(笑)

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
栄進数理進学会 赤羽校
http://eishin-akabane.com/
住所:東京都北区赤羽2丁目45-3  酒本荘1F
TEL: 03-5939-9915
mail: info@eishin-akabane.com
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
栄進数理進学会 王子校
http://eishin-akabane.com/
住所:東京都北区王子2丁目22-7 TMビル1F
TEL: 03-6908-4854
mail: info@eishin-akabane.com
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2018年10月04日

高校受験は単元ごとに撃破!②

 

「高校受験は単元ごとに撃破!」のつづきになります。

 

例えば、一次関数が苦手だとしましょう。その場合、一次関数とは、変化の割合とは、傾きとは、切片とは、等々確実に答えられるようにする。また、解法を覚える。そして関連問題をある限りの参考書から拾ってきて解く。50問解けばできるようになります(笑)

 

社会等の暗記科目ではよりその単元を片っ端から覚えていきましょう。

 

「覚える→問題を解く」の流れが理想ですが、時間が無かったら「問題解く→できなかった問題を覚える」でもよいでしょう。

 

もちろん、要点や覚え方も存在するので、いずれコラムに書きたいと思います。→塾の存在意義!!(笑)

 

そして、インプットに完全は存在しないので、期限を決めてアウトプットの練習を始めることです。例えば栄進では9月を期限としています。

10月以降はアウトプット練習をはじめ、足りないインプットはやりながら都度補っていきます。

 

アウトプットをしてみて、足りないインプットにも気づくことができるので、同時並行で学習していきます。

このスタンスは入試日まで続きます。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
栄進数理進学会 赤羽校
http://eishin-akabane.com/
住所:東京都北区赤羽2丁目45-3  酒本荘1F
TEL: 03-5939-9915
mail: info@eishin-akabane.com
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
栄進数理進学会 王子校
http://eishin-akabane.com/
住所:東京都北区王子2丁目22-7 TMビル1F
TEL: 03-6908-4854
mail: info@eishin-akabane.com
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2018年10月02日

高校受験は単元ごとに撃破!

 

  • ●効率重視

 

偏差値が上がることを集中的に行う。すなわち解けない問題を、単元まで落とし込んで50問ぐらい解けばいいです。高校入試レベルの内容で、これでもできない人を見たことがありません。もしそれぐらいやっているにできるようにならなかったら、ご相談下さい。たぶん勉強のやり方が間違っています。

 

☆入試に出る問題を、その中で解けない問題だけを50問解く。

 

 

  • ●取捨選択を行う

 

取捨選択とはすなわち、出ない問題はやらない。解ける問題は後回しということです。

都立入試に出る問題はいずれコラムに書きたいと思います。

ですが、別にだれかに教わらなくても今の時代まとまった情報を提供しているとことがあります。例えばこのサイトなんか良いです。↓

http://tokyo.高校受験偏差値.com/toritukokonyushimondaikeikou/

 

 

  • ●最後のインプット期間

アウトプットの練習

インプットとは、とにかく暗記することです。暗記物と、数学の解き方の流れを頭に叩き込むことです。

アウトプットとは、仕入れた知識を問題でどう使うかということです。

 

インプットだけしても、問題は解けませんし、反対にインプットなくして、アウトプットの練習をしても効果は上がりません。

 

高校受験では、インプットとは、各科目の暗記物を覚える。公式を覚える。有名な問題の解法を覚えることです。アウトプットとは、過去問や、対策問題集で演習をすることです。

 

この時期になると、そろそろアウトプットの練習も始めなくてはなりません。すなわち、インプットに費やせる期間は残り僅かということです。

先ほども申し上げましたが、インプット→アウトプット ではないと、絶対に効果は上がりません。そして、アウトプットに費やせた期間が長いほど、知っている問題も多くなり、結果点数も高くなります。

 

では今、インプットをいかに完成させればよいのでしょう?それには、解けない問題に答えがあります。解けない=インプットができていないからです。

※もちろんインプットはできていても、アウトプットの練習が不十分な場合もありますが、50人に1人ぐらいでしょう。

 

解けない=インプットができていないのです。なので、解けない問題の単元を覚えまくってください。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
栄進数理進学会 赤羽校
http://eishin-akabane.com/
住所:東京都北区赤羽2丁目45-3  酒本荘1F
TEL: 03-5939-9915
mail: info@eishin-akabane.com
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
栄進数理進学会 王子校
http://eishin-akabane.com/
住所:東京都北区王子2丁目22-7 TMビル1F
TEL: 03-6908-4854
mail: info@eishin-akabane.com
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2018年09月27日

受験勉強をはじめる前に…

突然ですが質問です。

 

Q1.みなさん志望校は決まっていますか?できれば第二希望まで。

 

⇒志望校が決まらないと、それはゴールの見えないマラソン競技と変わりません。

ペース配分もできないし、なによりも走っている途中で心が折れます(笑)

 

 

 

Q2.V模擬、W模擬の結果と比較すると安全圏といえますか?

 

⇒確実に合格を目指すのであれば、A判定以上を2回以上保持して受験に臨みたいです。

 

 

 

Q3.安全圏でないなら、伸ばすべき科目と単元はどこですか?

 

⇒同じ勉強量なら、得意な単元の難問よりも、苦手な単元の基本問題のほうが点数を取りやすい。どうしてもできないなら、捨てたって構わない問題もある。このような戦略を立てるためには、自分が合格圏にいない原因を探らなければいけない。

 

まずは志望校を決め、自分は合格圏内にいるのかを知ること。いないならば、これまでのやりかたでは不十分なので、対策を立てること。

この二点が必要です。

 

本格的に試験勉強に入る前に、これらの質問には答えれるようにしておいてくださいね。

もちろん、分からなければ模試等成績をもって、当塾までいらしてください。

無料でアドバイスさせて頂きます。

 

それでは!

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
栄進数理進学会 赤羽校
http://eishin-akabane.com/
住所:東京都北区赤羽2丁目45-3  酒本荘1F
TEL: 03-5939-9915
mail: info@eishin-akabane.com
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
栄進数理進学会 王子校
http://eishin-akabane.com/
住所:東京都北区王子2丁目22-7 TMビル1F
TEL: 03-6908-4854
mail: info@eishin-akabane.com
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2018年09月25日

秋(9~11月)から始める高校受験対策

こんにちは。吉田桂介です。

 

驚異の3か月以上ぶりの更新となってしまいました。

 

秋から高校受験勉強を始めるに当たって、勉強するうえでのポイントを述べたいと思います。

 

学習量と効率が、偏差値を上げるには必要です。

しかし、学習量と効率では圧倒的に効率が重要です。

 

 

例えば、数学の動点問題は捨てて良いです。1次、2次方程式の応用で学習したと思いますが、入試ではまず出題されません。

 

反対に図形の角度を求める問題は必須です。ほぼ毎年出題されています。しかし、学校ではあまり重視してやらない上に、求めたい角度を文字で置いて、、、という方法は先生によって教えるか教えないか分かれるところでしょう。

 

入試の点数だと、

【すごく勉強して動点問題できるようになった】

≦【勉強してないけど複雑な図形の角度の解法知った】

が成り立ちます。

 

このように、「何を勉強するのか」は、猪突猛進!!ひたすら勉強するよりも重要なのです。今一生懸命勉強しているならば、より効率の良い勉強をすることで、より高い成果が得られるでしょう。

 

今回は【都立高校受験&効率的な学習】について書きたいと思います。

 

Will Coming…

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
栄進数理進学会 赤羽校
http://eishin-akabane.com/
住所:東京都北区赤羽2丁目45-3  酒本荘1F
TEL: 03-5939-9915
mail: info@eishin-akabane.com
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
栄進数理進学会 王子校
http://eishin-akabane.com/
住所:東京都北区王子2丁目22-7 TMビル1F
TEL: 03-6908-4854
mail: info@eishin-akabane.com
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

学習塾「栄進数理進学会」の講師が気ままに更新するブログです

王子・赤羽にある学習塾「栄進数理進学会」では、小学3年生から高校3年生までを対象に不得意科目の克服はもちろん、受験や定期テストで結果を出すために必要な基礎から応用までを学べる数学特化コースをご用意。数学が嫌い・苦手という生徒に対して短期間で分かりやすく丁寧に数学が好きになるハウツーをお伝えしています。
『吉田がお伝えする今日の校舎』においては、当塾の講師として働く吉田が当塾の様子やプライベートな日常を綴ります。時には数学を勉強する上で大切なことを教えてくれるかもしれません。お子様の数学嫌いをなんとかしたい保護者の方は、是非とも赤羽にある「栄進数理進学会」にご相談下さい。

PAGETOP